CD「Morgenlicht-旅行中のバンドネオンの物語」

「Morgenlicht」はFacundoBarreyraがプロデュースしたCDのタイトルです。 2013年3月から4月にかけて、アルゼンチンのブエノスアイレスで、 ECMレコードの「ElValledelaInfancia」とDinoSaluzziの最後のアルバム「 Albores 」のサウンドエンジニアであるNestorDiazによって録音されました。

CD Morgenlichtには、ギター、フルート、ピアノを使ったさまざまなデュオ、トリオ、カルテットが収録されています。バンドネオンは、古典的なタンゴからアストルピアソラやアルゼンチンの民俗学の音楽に聴衆を導く音楽の旅の主役です。さらに、チェロとのデュエットがあり、ジャズのバラードとオリジナルの音楽を一連の即興演奏で演奏します。ドイツの写真家リサ・フランツが2つの詩「音楽に寄せて」を唱えます-

フランツ・シューベルトの歌曲の一部
と「Morgenlicht」-オーストリアの詩人シュテファンツヴァイクによる-、

CDに名前を付けます。

アルバムのプレゼンテーションは、2013年6月にクロアチアとドイツで実現されました。アルバムは、2013年8月にさまざまなゲストアーティストとともにブエノスアイレスでリリースされました。

CDは2014年にクイルメス–ブエノスアイレス州–で発表されました。
 
Sutivan-クロアチア-、ケルン-ドイツ、Northeim-ドイツ、ハンブルク-ドイツ、ルツェルン-スイス、ブエノスアイレス市-アルゼンチン。

CDを購入したい場合は、 bandoneonviajero@gmail.comまでご連絡ください。